支度金を受け取る児童養護施設の代表者(右)=徳島市の県立総合福祉センター

 徳島県共同募金会などは5日、進学や就職で3月末に児童養護施設や里親の元を離れる高校生ら28人に支度金を7万円ずつ贈った。

 徳島市の県立総合福祉センターで贈呈式があり、県共同募金会の町田豊治常務理事が、施設代表者や里親11人に支度金を渡した。県児童養護施設協議会の片山和義会長は「子どもが夢や希望を持って新しい道を歩んでいくために活用したい」と述べた。

 支度金は歳末たすけあい募金から毎年贈られ、13回目。