6日、県南では水温が上昇し、グレの活性が上がった場所もあった。もう少し水温が安定すれば、大型も見られるだろう。地形に合わせ安心できる仕掛けで挑んでもらいたい。

 [磯]<由岐>6日、上り潮で水温13・8~15・9度。波風ともに穏やかだった。ムギバエで37センチのグレと40センチのチヌを各1匹。大バエで28センチのグレ1匹。大ネムリで30センチ前後のグレ3匹と57センチのマダイ、45センチのチヌを各1匹。テグスで28~42センチのグレ4匹と45センチ前後のチヌ、25センチの本ハゲを各2匹。

 <津島>6日、上り潮で北の風が強かった。グレはワレオチで35、38センチを2匹。西で36センチを1匹。

 <大島>6日、上り潮で水温14・2~16・3度。グレは港回りのノコギリで30~35センチを3匹。本場回りの谷で31~37センチを11匹。沖ソエで30~33センチを4匹と33センチのイサギ1匹。別の人は33~35センチのイサギ4匹。潜航艇で30~37センチを7匹。川村バエで30~50センチを3匹。地冨士で34~39センチを6匹。カブトで30~45センチを3匹。源六で30、37センチを2匹。ヒッツキ大バエで33センチを1匹。佐本回りのミッチャで29~37センチを8匹と31センチのイサギ1匹。ナデで28~40センチを21匹。

 <高知・甲浦>6日、北東の風で少し波があった。水温15・7~16・1度。グレは銀座で30センチ前後を3匹。浅草バエで31センチを1匹。ミツバエ西で34センチを1匹。中でも30センチを1匹。5日は、水温16・1~16・6度。棚バエ西で33、41センチを2匹。船付で31~36センチを5匹。ミツバエ中で35センチ前後を2匹。丸バエでも39、40センチを2匹と35センチのアイゴ1匹。串出の丸バエで30~33センチを5匹。赤灯台で50センチのイシダイ1匹。

 [イカダ]<宍喰>6日、沖のカセは1号で2人が30~33センチのシマアジ4匹。風が強くなり12時に納竿した。

 [船釣り]<牟岐沖>5日、下り潮で水温15・4~16・5度。沖アミを餌にフカセ仕掛けで75センチのヒラマサ1匹と30~36センチのイサギ15匹。

 <高知・室戸沖>6日、波風ともに穏やか。ゆっくりとした下り潮で水温17・5度。仕立船で2人が80~95センチのブリ5匹と40~45センチのイシダイ7匹、60、70センチのマダイ2匹、70センチのカンパチ1匹。大型の青物のアタリが多いので、ハリスは14号以上を使う方がいいようだ。(県釣連盟報道部)