怒りっぽいと妻から指摘

 【質問】50歳男性です。大病を患ったことはなく、持病はありません。適度な運動を続けています。健康に問題はないものの、最近は体がだるく、やる気が出ません。でも風邪や他の症状はないのです。また、ささいなことでイライラして家族に当たり、突然の喪失感や不安に悩んでいます。先日は妻から、怒りっぽいし、全身に倦怠感があるのなら更年期障害ではないかと指摘されました。私の症状は更年期障害ですか。病院は何科を受診すればいいか教えてください。

 男性ホルモンの検査を

 【答え】福森知治 徳島市民病院泌尿器科統括部長

 従来、閉経期の女性の更年期障害はよく知られています。近年は男性の更年期障害も理解が広がっています。

 質問のように、周囲の人に指摘されたり、更年期ではないかと心配したり。こうした人の受診が増えています。

 年齢や症状から更年期障害が強く疑われます。

 男性ホルモン(テストステロン)は全身でさまざまな作用と関連しています。男性更年期は加齢やストレスに伴う男性ホルモン低下により引き起こされます。

 早ければ40代から発症することがあり、多いのは50代、60代です。

 症状は身体症状と精神症状があります。身体症状は性欲低下や勃起不全(ED)など性機能障害、発汗やほてり、全身倦怠感、筋力低下、関節痛などです。

 精神症状は不安、抑うつ感、倦怠感、イライラ、不眠、記憶力や集中力低下などです。

 前立腺がんのホルモン療法(テストステロン遮断療法)でも同様の症状が出ることが知られています。

 男性更年期障害の診断は身体症状や精神症状など更年期障害で認められる症状を含む17項目からなる質問票・AMSスコアで評価し、最終的には血液検査で遊離型(フリー)テストステロンの低下を認めれば確定診断になります。

 治療は、適度な睡眠、運動療法、タンパク質を中心とするバランスの良い食事などの生活指導と、注射によるテストステロン補充療法や漢方薬などの薬物治療があります。

 女性の更年期なら婦人科や女性外来がありますが、男性の更年期の専門外来は少ないです。だから一般的には泌尿器科で診断し、治療します。

 特に性機能障害が強い場合は泌尿器科を受診しましょう。不安や抑うつ症状が強い場合は精神科や心療内科。筋力低下や関節痛などの症状が強い場合は整形外科の受診を勧めます。気になる症状がある人は一度テストステロンを調べましょう。