ランニングバイクでカーブを曲がる子どもたち=鳴門市撫養町のボートレース鳴門駐車場

 鳴門市撫養町のボートレース鳴門駐車場で10日、ランニングバイク(子ども用ペダルなし自転車)のレース大会「ちびっこのりだー」(ボートレース鳴門主催)があり、県内外の約70人がコースを駆け抜けた。

 年齢別に4クラスに分かれ、駐車場に設けられたコースを1周して順位を競った。子どもたちは懸命に地面を足で蹴って速度を上げ、カーブを通過した。

 乗り始めて5カ月の手束咲翔君(4)=徳島市沖浜東1=は「楽しかったので、また練習を頑張る」と話した。

 今大会は「2017鳴門グランプリ」の開幕戦に当たり、12月3日に決勝戦がボートレス鳴門駐車場で開かれる。