鳴門市庁舎

 10日午前2時ごろ、鳴門市に「11日に市役所庁舎などを爆破する」との脅迫メールが届いた。庁舎内で不審物は見つかっていない。鳴門署が威力業務妨害の疑いで捜査している。

 市危機管理課によると、メールは総務課や税務課など4課に届いた。「市役所に仕掛けた高性能な爆薬を11日午後3時34分に爆破する」「市内の小中学校にガソリンを撒いて11日午後3時34分に放火する」「市内の幼稚園と保育園にサリンを撒いてもいいですか?」などと書かれていた。

 10日午前8時半ごろに出勤した職員が不審なメールに気付き、鳴門署員らが本庁舎と分庁舎を点検した。署は爆破予告時間帯のパトロールを強化する。

 11日は市役所をはじめ、市内全小中学校と幼稚園、保育園を立ち入り禁止にする。休日保育を実施している林崎保育所(撫養町林崎)は5人の受け入れを中止する。

 鳴門市では2017年3月にもボートレース鳴門に爆破予告の電話があり、都内の男が威力業務妨害罪で実刑判決を受けた。