寄付・寄託P

 日本損害保険協会は、つるぎ町と美馬市美馬町を管轄する美馬西部消防組合に高規格救急車1台を贈った。

 組合で式典があり、損保協会四国支部徳島損保会の金田純一会長が「住民の安全安心のために活用してほしい」とあいさつ。管理者の兼西茂つるぎ町長に目録を、損保協会四国支部の菊池宏明事務局長が兼本英夫消防長にレプリカの鍵を渡した。

 組合には3台の高規格救急車があり、1台を入れ替えて予備に回す。