ピンクの花をほころばせたカワヅザクラ=勝浦町沼江の「前松堂」駐車場

 11日の徳島県内は高気圧に覆われて晴れた。徳島地方気象台によると、最高気温は那賀町14・9度、三好市池田町12・7度、美馬市12・1度など平年を1~5度上回り、2月中旬~3月下旬並みだった。

 勝浦町沼江の県道徳島上那賀線沿いにある和菓子店「前松堂」駐車場では、早咲きのカワヅザクラが四分咲き。暖冬の影響で例年より2週間ほど早い。

 9本の木は高さ約5メートル。大きく広げた枝に淡いピンクの花を付け、通り掛かった観光客や遍路が一足早い花見を楽しんでいた。今月下旬に満開を迎える。町では22日にビッグひな祭りが開幕する。店主の前田道夫さん(69)は「祭りを見た帰りに立ち寄ってほしい」と話した。

 12日は低気圧や前線の影響で曇り、夕方から雨が降る見込み。予想最高気温は徳島市と美波町が14度、三好市池田町11度と、平年を2~3度上回りそうだ。