13日の県内は、前線を伴った低気圧が四国の南を通過し、春一番が吹いた。そのため海上では非常に波が高く、ほとんどの渡船が休業した。週末はまだ波が高い予報なので無理な釣行は避けてもらいたい。

 [磯]<津島>12日、速い上り潮で水温18度。サンゴ周辺では湧きグレが多く、40センチ前後を9匹。同行の人は同型を5匹。また30~35センチのアイゴも各自10匹釣れていたが、全て再放流した。

 <大島>13日、渡船は2隻。水温17・5~18度。非常に波が高く、上がれるハエが限られた。巨人で30センチのグレと28センチのイサギ、45センチのハマチを各1匹。タタミで30センチのグレと33センチのイサギ、40センチのヘダイを各1匹、30~35センチのアイゴ5匹。桃ノ木で28~35センチのグレ8匹と28センチのイサギ1匹。桃オチ地では30~38センチのグレ3匹。

 [船釣り]<伊島沖>12日、水深60メートル前後の場所でメタルジグと魚の切り身で45センチ前後のハマチ11匹と30~35センチのレンコダイ4匹、25~35センチのガガネ7匹、45センチのヒラメ、同型のマダイ、30センチのマハタを各1匹。(県釣連盟報道部)

コラム

 南の風が吹き始め、三寒四温で気温が上がる時期になるとチヌのシーズンがやってくる。チヌは警戒心が強いといわれている反面、好奇心も旺盛な魚だと思っている。消波ブロックや藻の中に潜んで全く沖に出ないときもあれば、沖に出て水面から1・5メートル前後で釣れるときもある。

 また、仕掛けを流している途中に流し方を修正した際、餌が動くとすぐにアタリがある。さらにハリの近くにオモリを付ける口ナマリを打ち、速く落ちる餌にアタリが出ることもある。身近な場所で釣れる魚でもあるので、手軽にチャレンジして大型を狙ってもらいたい。(筒井)