Jリーグのキックオフカンファレンスで、握手を交わす神戸・イニエスタ(左)と横浜FC・三浦=14日、東京都内

 Jリーグは14日、東京都内でJ1の全18クラブが参加して開幕前恒例のイベント、キックオフカンファレンスを開き、13年ぶりにJ1に臨む横浜FCの元日本代表FW三浦は「チームはいい状態にある。非常に楽しみ」と気持ちを高ぶらせた。

 23日の開幕カードで横浜FCと対戦する神戸の元スペイン代表MFイニエスタと三浦は同時に登壇。26日に53歳となり、J1最年長記録の大幅更新が期待される三浦は世界的名手と並び「とても幸せ。メンバー入りし、神戸への新幹線に乗れるように頑張る」と語り、イニエスタは「52歳になっても情熱を失わず、愛を持っている姿を尊敬している」と応じた。