梅干しの種を飛ばす参加者=阿南市の「明谷梅林 令和園」

 県内有数の梅の名所「明谷梅林 令和園」(阿南市長生町)で16日、恒例の明谷梅林まつりが始まり、約300人が満開の梅を楽しんだ。3月15日まで。

 園内に植わった約2千本は赤やピンク、白い花を咲かせている。関係者がテープカットで開幕を祝った後、梅干しの種飛ばし大会があり、6~85歳の男女30人が勢いよく種を吹き飛ばして距離を競った。梅肉ペーストをソースに使ったたこ焼き「明谷焼き」や、梅干しの販売もあった。

 種飛ばし大会に参加した横見小2年高原祥乃さん(8)は「梅干しはおいしいけど、種を飛ばすのは難しい」と話した。

 入園無料。午前9時~午後5時開園。