ボーナスの明細書を受け取る職員=徳島市役所

 徳島市は15日、夏のボーナスを職員に支給した。遠藤彰良市長ら特別職と市議を含めた2927人が対象で、支給総額は前年同期比2125万円増の22億325万円だった。

 一般職(2770人、再任用職員除く)への支給割合は、期末手当1・225カ月分と勤勉手当0・85カ月分の計2・075カ月分。人事院勧告に基づき、勤勉手当が前年より0・05カ月分増えた。

 管理職を除く行政職の職員1人当たりの支給額(平均年齢32・7歳)は、52万2463円(手取り41万8373円)で、前年より1万7988円上がった。

 特別職と市議37人の期末手当は0・05カ月分増の1・55カ月分。

 支給額は市長207万9480円(122万2209円)、第1副市長166万6560円(107万6845円)、第2副市長156万9840円(103万5342円)、議長132万8040円(105万6855円)、副議長120万3420円(98万2256円)、議員112万7160円(92万11円)だった。