スマホで確定申告の手続きをするインディゴソックスの行木投手(左から2人目)と竹林投手(同3人目)=徳島市のアスティとくしま

 2019年分の所得税の確定申告が17日、全国で始まり、徳島県内6カ所の会場でも納税者が申告手続きを行った。3月16日まで。

 徳島税務署が徳島市のアスティとくしま3階に設けた申告会場には、午前9時の開始と同時に約150人が訪れ、署員の助言を受けながら所得額などをスマートフォンやパソコンで入力した。

 昨年から始まったスマホでの手続きは、本業だけでなく副業や年金収入なども含めた2カ所以上の給与所得を申告できる。

 スマホで手続きした徳島インディゴソックスの行木俊投手(19)と竹林楓也投手(19)は「スマホは使い慣れているので、操作しやすかった」と話した。

 県内ではアスティとくしまのほか、鳴門、阿南、川島、脇町、池田の5税務署で申告できる。6会場とも受け付けは平日の午前9時~午後4時。アスティとくしまは平日以外の24日と3月1日も開設する。