大塚食品が3月2日に発売する「元祖ボンカレー」

 大塚グループの大塚食品(大阪市)は、1968年の発売当時のボンカレーの味わいが楽しめる「元祖ボンカレー」を3月2日に発売する。

 炒めた小麦粉やタマネギのコクと香ばしさなど当時のボンカレーの特徴はそのままに、野菜と肉を20グラム増量。パッケージには当時、全国の販売店などに9万5000枚を取り付けた、着物姿の女優松山容子さんのホーロー看板のデザインを再現した。

 ボンカレー発売50周年を記念して2018年に発売した「ボンカレー50」をリニューアル。徳島市川内町の徳島工場で製造し、200グラム入りで税別230円。全国の量販店やコンビニエンスストアなどで販売する。