[磯]<大島>17日、少し波があり、南西の風が強く13時ごろには西の強い風に変わった。波がさらに高くなり、裏回りへの磯替わりを余儀なくされた。下り潮で水温17・5度。グレは、佐本回りのトビツ高で37センチを1匹。櫂投回りは、高橋バエで30~34センチを4匹。タニハン地で25~38センチを4匹と35センチのイシダイ1匹。裏回りは、赤バエで30、38センチを2匹。タキ前で37センチのイシダイと43センチのへダイを各1匹。スベリで30センチを1匹と28センチのアイゴ、33センチのブダイを各1匹。巨人で30センチのイサギ1匹。田所高で阿波一風の丸中優仁さんが33~37センチを3匹。マドで42センチを1匹と25センチのイサギ1匹。桃ノ木で35センチを1匹。桃オチで30~35センチを4匹と27~30センチのイサギ10匹。オハナ地で30~38センチを7匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>17日、西の風が強く、波は前日より少し収まった。水温17・3~17・6度。1号で35、43センチのグレ2匹と35センチのヘダイ1匹。2号でも35センチのグレ1匹。16日は、終日弱い雨が降り、波が高かった。水温18度。1号で30~40センチのグレ7匹と40センチのアイゴ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>17日、北西の風が強く波も少しあった。アジの試し釣りに出掛けた人が、午前中の2時間ほどで35~40センチを5匹と35~45センチのチダイ18匹、ウマヅラハゲ1匹。乗合船で出船した船は本ハゲ狙いでサオを出し、30号のオモリの胴付仕掛けで20センチ前後を主体に27センチまでをサオ頭が16匹。各自9~15匹。ほとんどの人が2桁の釣果があった。

 [波止]<津田沖ノ一文>16日、風はあまりなかったが波が高かった。ダンサ付近で48センチのチヌ1匹。

 <日和佐川河口>16日、さつま突堤の内側の岸壁で、午前中の2時間半ほどサオを出した阿南市の2人が赤アミとグレ用の集魚剤を混ぜたマキ餌に、小粒の沖アミを餌にウキ釣りで26~27センチのアジ5匹。マキ餌が効きだしたころに雨が激しくなり納竿した。(県釣連盟報道部)