【ニューヨーク共同】週明け18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末からの下げ幅は一時、160ドルを超えた。午前10時現在は前週末比91・63ドル安の2万9306・45ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は25・66ポイント安の9705・52。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で米アップルが売上高予想を下方修正したことから、米企業業績への警戒感が高まり、売りが先行した。