ダイドードリンコが設置した紙おむつの自動販売機=17日、美馬市の道の駅「みまの里」

 美馬市美馬町の道の駅「みまの里」に、中四国の道の駅で初めて紙おむつの自動販売機が設置された。清涼飲料大手・ダイドードリンコが大王製紙などと共同で全国に展開している一環で、手持ちがなく困ったときなど、いつでも必要な分だけ購入できるようにし、子育て世代の外出を支援する。

 ダイドーの自販機で、大王製紙の2枚入り紙おむつ(M、Lサイズ)を220円で販売する。自販機はピンク色にラッピングし、紙おむつを扱っていることが一目で分かるようにした。缶コーヒーやお茶なども買え、大きさが異なるため飲料と紙おむつの取り出し口は別々にした。

 みまの里は、国土交通省から子育て応援施設の重点整備箇所に指定されており、「子育て世代に安心して利用してもらいたい」として設置を決めた。

 ダイドーなどは昨年11月、茨城県潮来市の道の駅に紙おむつ自販機の第1号を設置し、これまでに宮崎県延岡市の道の駅などに置いている。外出時だけでなく災害時にも役立つとして関心が高まっているという。今後、道の駅や高速道路のサービスエリアを中心に、全国に約200台を設置する。