シュートを放つ岩尾(左)=鳴門ポカリスエットスタジアム

 23日に開幕する2020年シーズン。今季、徳島ヴォルティスが達成可能な記録とは―。

ホーム通算勝ち越し

 2005年にJリーグに参入してからのホーム通算成績はJ1、J2を合わせて114勝83分け121敗。七つ負け越しているが、近年の徳島はホームで好調。昨季は過去最高成績の12勝5分け4敗だった。勝ち越しには昨季と同等の数字が必要になるが、J1への自動昇格を達成すれば自ずと結果はついてくるだろう。

ホーム入場者数150万人

 ホームゲームの入場者数は累計148万4766人(318試合)。150万人まで1万5234人に迫る。昨季は1試合平均5736人とJ1時代を除いて最多を記録した。クラブは開幕戦で入場者数1万人を目指しており、早い段階で到達したい。

クラブ最長出場時間

 個人記録では、MF岩尾がリーグ戦出場時間クラブ最長に迫る。昨季終了時点で歴代3位の1万4355分(160試合)まで伸びた。歴代最長は2010~17年に在籍したMF濱田の1万6310分(216試合)。2位は13~18年にプレーしたDF藤原(鹿児島)の1万6101分(189試合)となっている。岩尾が22試合にフル出場すれば上回り、数字でも徳島の顔となる。