厚生労働省は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府のチャーター機第5便で中国・武漢から帰国した50代男性の陽性を新たに確認した、と発表した。17日に帰国する機内でせきや喉の痛みなどの症状があり、帰国後に医療機関に搬送されていた。中国で患者との接触はないという。

 第5便の帰国者は計65人で、この男性を含む有症者7人が入院した。他の帰国者は埼玉県和光市の税務大学校に滞在している。