東京五輪への意気込みを語る山下泰裕さん=徳島市のJRホテルクレメント徳島

 柔道の1984年ロサンゼルス五輪金メダリストで日本オリンピック委員会(JOC)会長、山下泰裕さん(62)の講演会(とくぎん生涯学習振興財団主催)が19日、徳島市のJRホテルクレメント徳島であり、約1100人が聞き入った。

 山下さんは「夢への挑戦」と題して講演。問題児だった幼少期に柔道と出合って人間的に成長したとして「どれだけ勝ったかは大事じゃなかった。選手として目指すものに向けて今何をやるべきかだけを考え、取り組んだことが結果につながった」と振り返った。

 東京五輪を間近に控え「スポーツのフェアプレー精神を日常生活に浸透させれば、思いやりのある社会に変わる。それがJOC会長として目指すべき闘いだ」と語った。

 講演会は、財団の生涯学習活動支援事業の一環で開かれた。