徳島県警

 徳島県警少年女性安全対策課と徳島中央署は19日、児童福祉法違反(淫行させる行為)、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春周旋)、売春防止法違反(周旋)の疑いで、徳島市南矢三町、会社員の男(22)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年10月下旬と11月上旬、県内の女子高校生=当時(16)=が18歳未満と知りながら、市内のホテルで県内の40代男性2人とみだらな行為をさせたとしている。

 県警によると、男はSNSで女子高校生を装って援助交際を求める書き込みをし、連絡してきた男性と引き合わせた。女子高校生は男性2人から計5万9千円を受け取り、男との食事代などに使った。

 男は、この女子高校生のスマートフォンでわいせつな画像を撮影、保存したとして1月29日に逮捕された。