阿南市役所

 阿南市教委は20日、市第一学校給食センター(同市長生町)の男性調理員1人からノロウイルスの陽性反応が出たと発表した。同日実施した消毒でセンター内の安全が確認できたため、21日からの給食は通常通り提供する。

 市教委学校給食課によると、センターの調理員と栄養士計21人を対象にした19日の定期検査で、調理員1人の検便から陽性反応が出た。腹痛や下痢などの自覚症状はなかった。

 センターは市内の7小学校、2中学校、5幼稚園の計約1700食分を調理している。20日は牛乳やパンなど調理不要な代替の食事を用意した。同日までに体調不良の連絡はない。

 同課の小原靖秀課長は「通常の給食を提供できず迷惑を掛けた。職員の衛生指導を徹底したい」と話した。