前半8分、先制ゴールを決める馬渡=鳴門ポカリスエットスタジアム

サッカーJ2徳島ヴォルティスは17日、鳴門ポカリスエットスタジアムでロアッソ熊本と対戦し3-0で勝った。ホームでの勝利は5月3日の福岡戦以来。通算成績を8勝5敗6引き分けとし、勝ち点を30に伸ばした。順位は前節と変わらず10位だが、3~11位が勝ち点29~32の3差にひしめく大混戦となっている。福岡は名古屋に逆転勝ちし、勝ち点を37として首位を守った。

序盤から主導権を握ったヴォルティスは、前半8分にGKがシュートをはじいたところを馬渡が詰めて先制、18分には山崎のゴールで2-0とした。

後半も攻勢に試合を進め、終了間際に渡が今シーズン10点目となるゴールを決めて3-0とし、2試合ぶりの白星を挙げた。

第19節 鳴門ポカリスエットスタジアム 観衆 3873人

徳島 3-0 熊本
   2-0
   1-0

(得点 )徳島 前半8分 馬渡、前半18分 山崎、後半45分 渡

■目指せ!ホーム平均入場者数5500人■

今季4,811人

(22チーム中15位=6月17日現在)

今節 3,873人(6月17日・熊本戦)

昨季 4,565人