「カラ出張」を繰り返したとして、福井県議を12日に辞職した石川与三吉氏(89)が、2013~16年度に不正に受け取った政務活動費計約277万円を県に返還したことが21日、分かった。石川氏の関係者によると、県議会事務局から19日に石川氏に納付書が送付され、即日納付したという。

 石川氏は、地元敦賀市の建設会社「塩浜工業」が手掛ける工事現場を計44回訪れたとする視察報告書を提出し、交通費や宿泊費を受給。12日に開いた記者会見で、実際は視察していないことを認める一方、「事務所の男性が勝手に視察報告書を作成した」と弁解した。