白い花を咲かせたツバキ=阿南市椿町瀬井

鮮やかな花を咲かせたツバキ=美波町木岐の木岐椿公園

 阿南市椿町瀬井の椿自然園や美波町木岐の木岐椿公園でツバキが見頃を迎えた。

 椿自然園では約700種、3000本のツバキが植わり、「秀蘭」や「白楽天」などの品種が白や赤、ピンクの鮮やかな花をつけている。暖冬の影響で開花は例年より10日ほど早いという。

 園内の温室ハウスでは、黄色い花をつける中国の「金茶花」など世界各国のツバキも楽しめる。入園無料で午前9時~午後5時。

 木岐椿公園には約300種1200本があり、「紋繻子」「バレンタインデー」などが開花している。3月8日には、苗木やツバキ油を販売する「木岐椿まつり」が開かれる。

 公園は地元住民でつくる「木岐椿公園愛護会」が2000年から植樹し、整備した。

 問い合わせは自然園<電0884(33)1127>、木里雅廣会長<電090(7625)6867>。