鮮やかに咲くカサブランカ=鳴門市大麻町中馬詰

 鳴門市大麻町中馬詰の畑で、「ユリの女王」と呼ばれるカサブランカ約8千本が色鮮やかな大輪を咲かせ、地元住民らを楽しませている。見頃は20日ごろまで。
 
 近くに住む切り花農家の小川寿男さん(70)が3月、球根を栽培するために所有する畑約5アールに植えた。通常はつぼみができると切り落とすが、地元住民に見てもらおうと、毎年咲かせている。
 
 今年の開花状況は例年並み。現在は黄色の花が咲いており、17日にもピンク、白、赤の3色が見られそうだ。