徳島県阿波市で知人男性を包丁で切り付けたとして、徳島地検は21日、殺人未遂罪で同市、特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下組員、無職の容疑者の男(44)を起訴した。

 起訴状などによると、2月3日未明、自宅で、近くの40代男性に対し、刺身包丁(刃渡り約24センチ)で頭を切り付けたり、腕や脚を突き刺したりして約6週間のけがを負わせたとしている。