徳島大と鳴門教育大は25日から実施する2次試験前期日程で、新型コロナウイルスに感染して欠席した受験生に対して追試験などの救済措置を取らない方針を決めた。

 徳島大はホームページに「入学試験時の新型コロナウイルス感染症対策について」と題した文書を掲載。重症急性呼吸器症候群(SARS)など第一種感染症への対応と同様に感染者は「受験できない」とし、「追試験等の特別措置は予定していない」とした。

 鳴教大も感染者は受験できず、追試験などの特別処置を行わないとしている。