ニュージーランド・クライストチャーチ市役所で取材に応じるダルジール市長=21日(共同)

 【クライストチャーチ共同】2011年のニュージーランド地震で日本人28人を含む115人が死亡したビル倒壊を巡り、被災地クライストチャーチ市のダルジール市長は23日に現地で、25日に東京でそれぞれ遺族と面会して初めて公式に謝罪する。ビル倒壊に至った過失責任を捜査した警察は証拠不十分で立件を断念したが、関係者によると、ダルジール氏は「道義的責任」を認めて哀悼の意を伝えて謝罪するとみられる。

 地震では、市中心部のカンタベリーテレビ(CTV)ビルが倒壊、語学学校の日本人留学生28人が亡くなった。