【ソウル共同】韓国外務省は22日、島根県が「竹島の日」式典を開いたことを受け、在韓国日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼んで抗議した。外務省報道官は「独島(竹島の韓国名)に関して挑発を繰り返していることに強く抗議し、当該行事をすぐに廃止するよう求める」とする声明を発表した。表現の強さや内容は近年と同水準だった。

 声明では「独島は歴史的にも国際法的にも韓国の領土だ。日本政府は不当な主張を即刻中断し、謙虚な姿勢で歴史を直視しなければならない」と主張した。

 日本大使館前では22日、市民団体が相次いで抗議集会を開き、同日を「竹島の日」と定めた条例の撤回などを求めた。