与野党の政策責任者は23日のNHK番組で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題を巡り論戦を交わした。自民党の岸田文雄政調会長は、定年延長の法解釈変更について政府は説明不足だと注文を付けた。野党は法解釈変更による定年延長自体を批判した。

 政府は検事総長以外の定年を63歳と定めた検察庁法にも、国家公務員法の延長規定を適用できると1月に解釈を変更したとしている。岸田氏は政府の説明が変遷しており、国民は納得していないと指摘。「検察官への信頼は何よりも大事。信頼を確かなものにするため説明してもらわなければいけない」と述べた。