[波止]<吉野川>22日、河口部左岸で夜明け前の2時間、9センチのシンキングミノウと28グラムのバイブレーションを使い、45~63センチのスズキ4匹。護岸ブロック際を狙う場合はミノウ、沖を狙う場合はバイブレーションを使用した。

 <徳島港>22日、岸壁で13時から4時間、沖アミを餌にフカセ釣りで37、44センチのチヌ2匹と28センチのアブラメ1匹。

 [磯]<大島>22日、上り潮で水温18度。グレは、ノコギリで33センチを2匹。中ノハエ地は30センチを1匹。高橋バエは28~33センチを7匹。オハナ地は30センチを1匹。田所は35センチを1匹と同型のイサギ1匹。タタミは33センチを1匹。

 <高知・甲浦>22日、10時ごろから西の風が強くなり、波も高くなった。赤灯台は43センチのイシダイ1匹。クジラの地はルアーで71センチのメジロ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>22日、カレイ狙いはアオイソメを餌にチョイ投げで28、30センチを2匹。(県釣連盟報道部)

【コラム】

 グレ狙いのフカセ釣りではマキ餌で魚を寄せて本命を狙うが、マキ餌をまき、仕掛けを入れれば簡単に本命が釣れることはほとんどない。マキ餌には多くの餌取りが反応し、その中から本命だけを的確に釣っていくゲームがフカセ釣りの醍醐味。

 時期に応じて餌取りの種類や本命のパターンは変わるが、どの餌取りがどの層をどんなスピードで泳ぎ、マキ餌に向かってくるのか、数はどのくらいいるのかなどを考える。さらに潮の流れや地形を考慮し、マキ餌をまきグレが食い上がってくるタイミングでその中や、少しずらしてサシ餌を打ち込む。

 マキ餌の量やまく場所、サシ餌を打ち込む場所、タイミング、タナを季節や釣り場、水温や魚の活性に応じて対応できればよい釣果に恵まれるだろう。(渡邉)