前半33分、先制点を決め主将の岩尾と抱き合う徳島の西谷(右)=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは23日、鳴門ポカリスエットスタジアムで東京ヴェルディと今季開幕戦を戦い、3―0で快勝した。FW西谷和希がハットトリック(3得点)を達成。開幕戦の勝利は2017年以来3年ぶりで、J1復帰に向けて好スタートを切った。

 開幕戦は徳島新聞プレゼンツとして行われ、9033人が詰め掛けたスタンドはゴールラッシュに沸いた。先制点は前半33分。FW垣田裕暉のシュートを相手GKがはじいたところを西谷が右足で押し込むと、37分と後半11分にもゴールを奪った。

 注目された先発メンバーには、新加入14選手のうちDFドゥシャンやFW杉森考起ら7人が起用された。立ち上がりには危ない場面もあったが、新守護神のGK上福元直人の好セーブでしのぎ、流れを引き寄せた。

 開幕戦でのハットトリック達成は徳島のクラブ史上初めてで、J2でも通算3人目。西谷がゲーム最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 新型コロナウイルス対策としてスタジアム入場口に消毒液が置かれ、マスク姿の観客も見られた。