【上海共同】24日のアジアの株式市場は、新型コロナウイルスの感染者が各国で増加し続け、経済活動の停滞は避けられないとの警戒感が広がり、主要株価指数は軒並み売られた。感染者が急増した韓国・ソウル市場の総合株価指数(KOSPI)は前週末比3・87%も急落した。

 韓国は23日、感染の危機レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げた。これを受け、週明けのソウル市場は自動車など幅広い業種で売りが先行した。

 香港のハンセン指数は1・79%下落し、上海の代表的な指標である上海総合指数は0・28%安だった。台湾の加権指数は1・30%安で、シンガポールの指数も下げた。