園児が作ったひな人形の作品展=つるぎ町貞光の道の駅・貞光ゆうゆう館

 つるぎ町貞光の道の駅・貞光ゆうゆう館で、地元の園児が作ったひな人形を展示する「なかよしひなまつり」が開かれている。3月4日まで。

 館内のギャラリーにひな壇が設置され、貞光幼稚園と貞光保育所の園児計約100人が作ったお内裏さまとおひなさま計200体が並んでいる。ペットボトルや紙コップの胴体に色紙やリボン、毛糸などで飾り付けた個性ある作品が来場者の目を楽しませている。

 愛媛県四国中央市から夫婦で訪れた篠原芳夫さん(71)は「いろいろな表情があって、どれもかわいく上手にできている」と話した。