将棋のプロ棋士を目指していたアマチュア強豪、折田翔吾さんは25日、東京都渋谷区の将棋会館で棋士編入試験5番勝負の第4局に臨み、本田奎五段を破り、対戦成績3勝1敗で合格した。4月1日付でプロ棋士の四段になる。