25日、ソウルの体育文化会館で行われた新型コロナウイルスの防疫処置(共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は25日、新型コロナウイルスの感染者が多発した大邱を訪問した。現地での会議で「ウイルスとの戦いに必ず勝利する」と強調、丁世均首相が大邱に常駐して対応の陣頭指揮を執ると発表した。韓国では累計の死者が11人、感染者は977人となった。韓国での検査実施数は25日までに約4万件に上った。

 加藤勝信厚生労働相は同日、日本の検査数について、「ダイヤモンド・プリンセス」は延べ3990件、チャーター便は829件と説明した上で、総数は「分からない」と述べた。

 イタリアでは283人が感染し7人が死亡。イランでは95人が感染し15人が死亡した。