新型コロナウイルスの感染者確認を受けて開かれた徳島県の危機管理対策本部会議=25日午後11時20分、県庁

 徳島県は25日夜、藍住町の60代女性が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。四国での感染確認は初めて。女性は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の集団感染があったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船しており、同日、県保健製薬環境センターによる検査の結果、陽性と判定された。発熱などの症状はないが、26日に医療機関に入院する。

 県によると、女性は船内でのウイルス検査が陰性だったため、20日にクルーズ船を下船した。厚生労働省が用意したシャトルバスに乗り、横浜駅からは電車で羽田空港に移動。午後3時40分発の日本航空(JAL)461便で同5時に徳島阿波おどり空港に到着した。空港からは自家用車で帰宅した。移動中はマスクを着用していた。

 クルーズ船には夫と乗船。本人たちの希望で25日に帰国者・接触者外来を受診し、保健製薬環境センターによる検査の結果、女性だけが陽性と確認された。帰宅後は自宅から外出していない。女性は夫と2人暮らし。県は接触者の調査を始める。

 クルーズ船を下船した人の中に県内在住者は女性と夫を含めて6人いる。残りの4人は未検査で、県は検査への理解を求めていくという。

 県内で初めて感染が確認されたことを受け、県は25日夜、危機管理対策本部会議を開催。テレビ会議システムで県東京本部から出席した飯泉嘉門知事は、3月15日までの県主催のイベントの中止、縮小を検討するよう指示した。

 下船後に感染が確認された日本人は栃木県の女性に次いで2人目。