徳島県警

 女性宅の玄関に放尿するなどの嫌がらせ行為をしたとして、徳島県警少年女性安全対策課と徳島中央署は25日、徳島地検の検察事務官の男(22)=徳島市=を県迷惑行為防止条例違反(嫌がらせ行為の禁止)の疑いで逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年9月13日ごろから今年2月13日ごろまでの間、自宅近くの20代女性会社員宅の玄関ドアや周辺に放尿したほか、女性が在宅中にドアノブを回したり、付近をうろついたりしたとしている。

 署によると、2人に面識はなく、トラブルなどは確認されていない。昨年9月13日夜、帰宅した女性が玄関ドアがぬれているのに気付いて110番した。犯行は主に夜から未明の間に行われ、放尿とうろつきは数回ずつ、ドアノブを回す行為は1回あったという。周辺の防犯カメラの映像や鑑識結果などから男が浮上した。

 地検によると、捜査や公判に携わる仕事はしておらず、勤務態度に問題はなかったという。花輪一義次席検事は「刑事事件の捜査に関わる検察庁職員が逮捕されるに至ったのは誠に遺憾。適正に捜査を遂げた上、適切に対処します」とコメントした。