社員から在庫管理の仕方を教わる高校生=小松島市中田町の千歳産業

 小松島西高校(小松島市)商業科の1年生60人が、市内の企業15社で仕事内容などを学んだ。

 4人程度の班に分かれ、1社ずつ訪問。機械部品製造会社「千歳産業」(中田町)では生徒4人が担当者から受発注書類の作り方や在庫管理などの業務を教わった。田中優也さん(16)は「営業の仕事を体験できた。職業選択の参考にしたい」と話した。

 小松島西高と市が取り組むキャリア教育の一環。