法務省は26日、検事長定年延長問題を巡り、法解釈変更の後付けを否定する文書を衆院予算委員会理事会に提出した。野党は「クレジットも何もない。極めて信ぴょう性は乏しい」と反発した。