自民、立憲民主両党の国対委員長は27日、2020年度予算案について28日に衆院予算委員会で締めくくり質疑を行い、採決する日程で合意した。与党は同日中に衆院本会議で可決し、通過させる方針だ。