三好労働基準監督署は27日、三好市の縫製会社と、代表取締役の男性(62)を最低賃金法違反(賃金不払い)の疑いで書類送検した。

 中国とベトナム国籍の20~50代の女性技能実習生8人に対し、2018年10月~19年4月の賃金計約670万円を、定められた期日までに払わなかった疑い。同社は19年8月、徳島地裁美馬支部から破産手続き開始の決定を受けている。