徳島県警少年女性安全対策課と鳴門署は27日、鳴門市、整体院経営の容疑者の男(34)を建造物侵入と県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は1月4日午後4時半ごろ、県北部のスポーツ施設の女子トイレに侵入し、便器に仕掛けた小型カメラで用便中の50代女性を撮影した疑い。施設職員がカメラを見つけて通報した。

 容疑者は「昨年10月ごろから同じ場所で撮影を繰り返していた」と供述し、容疑を認めている。