レーバークーゼン戦の前半、攻め込むポルトの中島(右)=ポルト(共同)

 【リンツ(オーストリア)共同】サッカーの欧州リーグは27日、各地で決勝トーナメント1回戦の第2戦が行われ、中島翔哉のポルト(ポルトガル)はホームでレーバークーゼン(ドイツ)に1―3で敗れ、2戦合計2―5で敗退した。中島は前半29分から出場した。

 AZアルクマール(オランダ)の菅原由勢は0―2で敗れた敵地でのLASK(オーストリア)戦で出場機会がなかった。2戦合計で1―3となりベスト16に進めなかった。奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐のため28日に順延された。