札幌市立大学は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来月19日の卒業式を中止し、インターネット上で式を行うと発表した。学長のビデオメッセージ配信などを検討している。卒業証書は郵送する。4月2日の入学式は、来賓客の招待を控えるなど出席者数を抑えて実施する予定。

 大学によると、今年の卒業予定者は約200人。例年、卒業式は南区にある「芸術の森キャンパス」のアリーナで実施しているが、市内で感染者が相次いでいることから中止を決めた。卒業生は自宅で映像を見るなどして参加する。

 担当者は「苦渋の決断だ」と話した。