安倍晋三首相は28日の衆院総務委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に対応するための法整備について、野党に賛同を呼び掛ける意向を示した。「早期に成立させなければならないので、野党の意見も伺う。協力をいただきたい」と述べた。全国の小中高校などへの休校要請を巡っては、自ら国民に説明する必要があるとして29日にも記者会見する方向で調整に入った。

 首相は総務委で法整備の内容について、新型インフルエンザ等対策特別措置法を参考に「早急に検討する」と強調した。