21日に徳島市万代町4の遊技施設「ラウンドワン徳島・万代店」の立体駐車場で20代男性が暴行を受け、金を奪われた事件で、徳島東署は22日、強盗致傷の疑いで、徳島市と阿南市に住む会社員の少年2人=いずれも(19)=を逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀し、21日午前4時半から同5時半ごろまでの間、被害男性に殴る蹴るの暴行を加えて2週間の軽傷を負わせた上、現金約2万円を奪ったとしている。

 署によると、少年2人は同じ会社に勤めており、忘れ物を取るため駐車場に止めた車へ戻って来た男性に「何見よんな」などと言い掛かりを付け、口論の末に暴行。「金を出すか殴り合いを続けるか選べ」などと脅し、財布などから金を抜き取った。携帯電話も奪って駐車場横の新町川に投げ捨てた。犯行後に車で逃走していた。

 県警が防犯カメラから逃走車の特定を進めるなどして行方を追っていたところ、22日正午ごろ、2人で徳島東署へ出頭した。1人は容疑を大筋で認め、もう1人は「金は要求していない」などと一部否認している。