菅義偉官房長官は29日、来日中の中国外交担当トップの楊潔チ・共産党政治局員と東京・元赤坂の迎賓館で非公式に会談した。新型コロナウイルスの感染拡大や4月に予定する習近平国家主席の国賓来日を巡って意見を交わした。政府関係者が明らかにした。

 会談には、首相側近の北村滋国家安全保障局長が同席した。

 習氏来日に関し、菅氏は27日の記者会見で「中国国家主席の訪日は約10年に1度のことであり、十分な成果が上がるよう万全の準備をして臨む」と強調。来日時の具体的な成果が必要との立場を表明している。