梅の群落が春間近の山々をパステルカラーに染めている。県内有数の梅の産地・吉野川市美郷では、暖冬で例年より10日ほど早く花が咲き始め、見頃を迎えた。 

 宗田地区の天野梅園は約1.7ヘクタールで「鶯宿(おうしゅく)」「南高」など約450本を栽培する。上空から眺めると、赤紫、ピンク、薄いピンクなど、品種によって付いた色の濃淡が斜面に模様を描く。梅園を巡って花を観賞する恒例の「梅の花まつり」を開催中。3月中旬まで花と香りを楽しめる。