[磯]<津島>29日、潮はあまり動かず、水温16・9~17度。グレは、鈴木バエで35~42センチを5匹。佐尾山は35センチを1匹と50センチのイシダイ1匹。サンゴ東は39、42センチを2匹。同胴は42センチを1匹。ウノクソは38~42センチを5匹。

 <大島>29日、水温17度。グレは、屋形で30~37センチを15匹。同東は25~38センチを6匹。ヒッツキは30~38センチを9匹。別の人が30~42センチを7匹。

 [イカダ]<ウチノ海>29日、サヨリ狙いは、2人が合わせて30~35センチを25匹。サビキ釣りは、夫婦が20~25センチのアジと同型のマイワシ各20匹。

 [波止]<北泊新港>28日、日没後の約2時間、ストレートワームのジグヘッドリグで15、17センチのアジ2匹と15センチのメバル1匹。(県釣連盟報道部)

 【コラム】

 チヌ狙いのフカセ釣りは、グレ狙いとはまた違ったゲーム性があり面白い。チヌは一年中、近郊の波止や港に生息しており、50センチを超す大型を狙うこともできる。雑食性のチヌのサシ餌には、沖アミやネリ餌、コーン、サナギなどが定番だが、地域によってはスイカを使うこともある。

 場所や時期によって狙うタナやサシ餌は変わるが、基本的には底近くで餌を捕食する魚のため、マキ餌も比重の重いものを使い底付近を狙う。ただ、夏になり活性が上がるなどの条件がそろえば、海面付近まで浮いて浅いタナでも釣れる不思議な魚でもある。

 3、4月は一年のうちで最も超大型が釣れる時期で、時には60センチオーバーも狙える。県外に遠征し、普段繊細な仕掛けで狙うチヌ釣りでは考えられないようなヘビータックルで、夢のサイズを追い掛けている人たちもいる。